メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
風テラス

女性と共に…風俗店「待機部屋」で相談

風テラスで女性から法律や生活に関する相談を受ける浦崎さん(右)と鈴木さん

 弁護士や社会福祉士らが、性風俗店で働く女性の法律・生活相談に無料で応じる「風(ふう)テラス」の活動が2年目を迎えた。公的支援が届きにくい女性たちに法律や福祉の専門家が寄り添う。相談会場は、ホテルなどで客と会う無店舗型風俗店(デリバリーヘルス)で働く女性たちが客の電話を待つ「待機部屋」だ。

借金・DV・育児…匿名でも対応

 1月21日、東京・池袋の雑居ビルの一室。弁護士で社会福祉士の浦崎寛泰さん(35)と、臨床心理士の鈴木晶子さん(39)が40代の相談者と向き合った。

 女性は緊張した面持ちで「税金関係なんです」と切り出した。風俗で得た収入をどう確定申告すればいいか分…

この記事は有料記事です。

残り716文字(全文1000文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「痴漢防止ハンコ」販売 抑止狙い、シヤチハタが開発

  2. ヒグマ駆除に道外中心批判200件 札幌市対応に苦慮

  3. ORICON NEWS [コミケ96]盗撮にセクハラ…コスプレイヤーとカメコ間のトラブルとは? 対処法を弁護士に聞く

  4. 立花N国党首「3年後、参院議員やめ参院選出馬」 埼玉知事選敗北で

  5. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです