メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

夜ノ森駅

ツツジ、また咲くか…除染で伐採、住民ら再生へ

東京電力福島第1原発事故前のJR夜ノ森駅。色とりどりのツツジの花がホームの両側に咲き誇っていた=2010年5月13日撮影(富岡町役場提供)

 東京電力福島第1原発事故により全町避難が続く福島県富岡町で、JR常磐線夜ノ森(よのもり)駅の名物だったツツジの再生プロジェクトが始動した。78年前に住民らがJR山手線・駒込駅(東京都豊島区)に倣って線路沿いに植樹を始め、「町の花」に指定されたものの、原発事故の除染に伴い約6000本すべての伐採を余儀なくされた。町は住民らの願いを受けて根を残してもらい、新たな苗木も植えて再生にかける。【曽根田和久】

 町によると、駅線路沿いの土手にツツジが植えられたのは1939年。線路の両脇に崖がある殺風景な駅を明るくしたいとの思いから、東京で暮らしていた町の出身者らが、JR駒込駅の土手のようにツツジで彩ることを発案。住民たちの手で約4000本を植えたのが始まりだった。

この記事は有料記事です。

残り728文字(全文1058文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  4. 夜明けを待って~コロナ禍を歩く 日本を愛したベトナム人青年 なぜ24歳で死ななければならなかったのか

  5. 首相、コロナ病床増へ意欲 医師や看護師の給与増提言に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです