自民・石破氏

退位党内議論「多くの問題」 疑問を表明

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 自民党の石破茂前地方創生担当相は27日の党総務会で、天皇陛下の退位を巡る党内議論の進め方に「多くの問題がある」と重ねて疑問を表明した。

 執行部は所属議員に今月末までに文書で意見を出すよう求めているが、石破氏は「わずか数日で大事な問題のペーパーは出せない」と締め切りの延長を要求。茂木敏充政調会長が「…

この記事は有料記事です。

残り90文字(全文240文字)

あわせて読みたい

注目の特集