公明

「共謀罪」提出容認 党内調整「テロ対策なら理解」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 公明党は、「共謀罪」の構成要件を絞り込み「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案の国会提出を認める調整に入った。改正案の対象になる犯罪を政府が現在想定している676から300前後に減らせば、テロ対策として世論の理解が得られると判断した。改正案は今国会で成立する可能性が出てきた。

 井上義久幹事長は27日の記者会見で「(…

この記事は有料記事です。

残り187文字(全文350文字)

あわせて読みたい

注目の特集