メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トランプ政権1週間

中国は出方見極める慎重な構え

対米関係を最重視、過剰反応は避ける

 【北京・赤間清広、河津啓介】発足から1週間を迎えたトランプ米政権に対し、対米関係を最重視する中国政府は、南シナ海問題や貿易問題を巡る批判に反論はしつつも、過剰反応は避けて出方を見極める慎重な構えを崩していない。その一方で、トランプ大統領の「自国中心主義」を好機とみなし、習近平国家主席は「開かれた経済」の重要性を訴えることで国際社会で存在感を高めようとしている。

 「トランプ氏が『米国第一』と強調するのは、(経済規模が)世界第2位の中国への強い危機感があるからだ」。中国外務省直属のシンクタンク、中国国際問題研究院の滕建群(とう・けんぐん)米国研究所所長はトランプ氏の中国観を分析する。

この記事は有料記事です。

残り1024文字(全文1335文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 実の娘に性的暴行 差し戻し審も父に実刑判決 福島地裁

  2. 「1日で49人の相手を…」 過酷な労働、波乱の人生赤裸々に 「からゆきさん」肉声テープ発見

  3. 「東京オリンピック、中止の可能性」NYタイムズ報道 コロナ感染拡大で

  4. 全米ライフル協会が破産申請 批判多いNY脱出、テキサス州で再編成へ

  5. 「わー、よかった」明るい娘に“嫌な予感” 「キッズライン」性被害 母が証言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです