メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

外国人労働者

100万人突破…人手不足反映 厚労省調査

 厚生労働省は27日、国内の外国人労働者数が昨年10月末現在で初めて100万人を突破し、過去最多の108万3769人だったと発表した。前年同期比19.4%増で、担当者は増加理由を「国内の人手不足と政府の積極的な受け入れ拡大策」と説明している。外国人労働者数は、事業主に雇用届け出を義務付けて2008年に集計を開始。外国人を雇う事業所数も13.5%増え、過去最多の17万2…

この記事は有料記事です。

残り279文字(全文464文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 虫歯治療後に2歳死亡 福岡の小児歯科元院長を近く在宅起訴へ

  2. 「やる気ないなら担当変える」河野行革相、放送規制改革で文化庁に発破

  3. 医師と歯科医師24人を行政処分 厚労省発表

  4. 安倍政権が残したもの 私たちが大事「彼ら」は攻撃 オウム真理教報じた江川紹子さんが読む「カルト化社会」

  5. 「首相、今井、佐伯で決めていたやり方がらっと変わる」 キャリア官僚の本音 菅政権で沈む省庁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです