メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

WEB CARTOP

[試乗]ソフトトップを圧倒するマツダ・ロードスターRFの走り!

情報提供:カートップ

走りだけで見るならばRFが大本命

 ロードスターを買うならこれしかない! ロードスターRFのオートマティックトランスミッション(AT)に乗り、数分で感じたことだ。

 今回ロードスターRFのAT車とマニュアルトランスミッション(MT)車に乗ることができた。MTはビルシュタイン社製サスペンションやブレンボ社製ブレーキなどを装着するRSグレードだ。そのあたりの差も含めてリポートしたい。

 まず概要から説明すると、新型(ND型)ロードスターは先代(NC型)の2リッターからダウンサイジングした1.5リッター自然吸気(NA)エンジンを搭載し、手動開閉のソフトトップをもつモデルだ。対してRFは電動開閉のハードトップとなり、さらにエンジンは2リッターNAを搭載している。

 さて、話を戻そう。いや、ファンからすればロードスターの本質は、純粋なオープンスポーツにあるのかもしれない。そういった意味ではすでに電動開閉式ハードトップ(タルガトップ)をもつRFは「失格」なのだろう。だが、素直にクルマとして、スポーツモデルとして走りを見ると、明らかにRFのほうがいいのだから仕方ない。

webcartop_52

 エンジンを掛けると「懐かしい」感じがする。編集部でNC型ロードスターを所有し長らく乗っていたので、始動時からのエンジン音がまさにNCのそれなのだ。Dレンジにシフトレバーを操作し、動き出すと明らかに1.5リッター自然吸気のロードスターとは異なる。

webcartop_01

 排気量が2リッターになった効果は大きく、エンジントルク、出力ともゆとりがある。街中の信号からの発進ひとつとっても違いがわかるのだ。

【続きはこちら】


情報提供:カートップ

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 希望者は桜を見る会出席 前日に地方議員研修会 昨年4月「私物化」浮き彫りに

  2. 2番組が広告放送の疑い BPO審議入り

  3. 農業後継者、高専、120年超す伝統校…センバツ21世紀枠 9候補はこんな学校

  4. 上皇后さま体調不良続く 精神的なストレスが原因と宮内庁

  5. 内閣支持率急落「謙虚に受け止める」 菅官房長官会見詳報 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです