メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者のひとりごと

子育ては「妖怪力」で /東京

 3歳の長男は、私が目を覚ますとどう察知するのか、必ず起きる。毎朝のことだけに「あーあ」と思うこともあるが、絵本作家・いちよんごさんの妖怪かるた「ゆっくりねててよ、 ママがおきると すかさずサッチ」に思わず膝を打った。以来、笑顔で受け止められるようになった。

 いちよんごさんは「母親になって、すごく窮屈だと感じた」という。子どもに何かあると「お母さんだから」と過分に責任を感じたり、周囲から責められた…

この記事は有料記事です。

残り300文字(全文500文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ変異株、東京の40代男性が感染 10代未満女児の濃厚接触者

  2. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  3. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

  4. 野党が問題視 菅首相の「一度決めたら絶対変えないかたくなさ」と「鈍さ」 予算委攻防

  5. 「GoToトラベル」開始後に旅行関連の感染者増加 京大・西浦教授分析

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです