メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

マイナス金利

1年 元日銀理事・みずほ総合研究所エグゼクティブエコノミスト 門間一夫氏に聞く

効果出ず不安心理高まる

 元日銀理事の門間一夫・みずほ総合研究所エグゼクティブエコノミストに、マイナス金利政策の評価を聞いた。【聞き手・安藤大介】

 --マイナス金利の導入を決めた背景は何だったのですか。

 ◆導入当時、世界経済の先行き不安が急速に高まっていた。日本でも消費者物価指数が低迷し、インフレ期待(物価が上がるという人々の予想)も鈍化しており、何もしない選択肢はなかった。ただ、日銀は既に年間80兆円ペースの国債買い入れを進めており、買い入れ規模を拡大すると、「金融政策は早晩、限界に突き当たる」との市場の懸念を助長しかねない。マイナス金利という新次元の政策なら、限界説を打ち破ることができるという判断が日銀にあっただろう。

この記事は有料記事です。

残り499文字(全文813文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 8月にSNSで知り合い、事件当日に初めて会う メッセージ削除か 殺人容疑で逮捕の私立大生 池袋女性遺体

  2. 帰宅後、英会話塾行かず 殺人事件と断定 埼玉小4男児死亡 埼玉県警

  3. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  4. さいたま小4殺害、男児父親の逮捕状 死体遺棄容疑 埼玉県警

  5. 池袋の女性遺体 殺人容疑で大学生逮捕 「手で首を絞めた」 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです