特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

20年東京五輪・パラリンピック

スカーフ「爆売れ」 1枚1万1000円即日完売 組織委取り分5%、収入柱にならず

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
五輪グッズを着用しPRした小池都知事=中村藍撮影
五輪グッズを着用しPRした小池都知事=中村藍撮影

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会の大会公式グッズの売れ行きが好調だ。伝統工芸品「東京染小紋(そめこもん)」の技法を生かした風呂敷兼スカーフ(1万1000円、税別)は11日の発売開始後、即日で完売して、東京都の小池百合子知事も「うれしい悲鳴」と紹介した。今後も伝統工芸を生かした商品などで売り上げ増加を図るが、組織委の全体の収入に占める割合は大きくなく、財源不足を解消する特効薬にはなりそうもない。

 風呂敷はデザイナーの野老(ところ)朝雄さんによる大会エンブレム「組市松紋(くみいちまつもん)」が白抜きであしらわれている。組織委が1兆6000億~1兆8000億円と試算した大会開催費用の役割分担など難問ばかり目立つ五輪・パラリンピック準備では久しぶりの明るい話題で小池知事も「費用分担で眉間(みけん)にしわを寄せるより、みんなで組織委の財布を厚くしていきたい」と、積極的に着用してPRに一役買ってい…

この記事は有料記事です。

残り481文字(全文886文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集