メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

GetNavi

“超望遠撮影”と“4Kフォト”が手軽に楽しめる! 60倍ズーム搭載のパナソニック「LUMIX FZ85」が新登場(GetNavi web)

情報提供:GetNavi web

LUMIX FZ85は、35mm判換算で20〜1200mm相当まで撮影できる光学60倍ズームレンズ・有効画素1810万画素高感度MOSセンサーを搭載したレンズ一体型デジタルカメラ。秒間30コマ連写の「4Kフォト」も対応している。

20170129_y-koba_capa1↑実売想定価格は5万630円。発売は3月10日予定

 

■搭載レンズ

高い透過性と描写力によるシャープな画質と、光学60倍ズーム(35mm判換算で20〜1200mm相当)を備えたレンズを搭載。画質劣化の少ない超解像iAズームを使用すると、120倍(35mm判換算で2400mm相当)での撮影ができる。被写体に1cmまで寄れるマクロモードも使用可能。別売りのテレコンバージョンレンズ「DMW-LT55」*を装着すれば、デジタルズームとの組み合わせで35mm判換算8160mm相当を実現。別売りのクローズアップレンズ「DMW-LC55」*も装着できる。

* いずれも、別売りのレンズアダプター「DMW-LA8」が必要になる。

 

■AF性能
パナソニック独自の空間認識技術「DFDテクノロジー」と高精度コントラストAFによる「空間認識AF」を搭載。AF速度は、ワイド端0.09秒、テレ端0.10秒を実現し、遠くの被写体も瞬時に合焦できる。

 

■4Kフォト
撮影シーンや作品づくりに合わせて、動きの速い被写体のベストな一瞬をとらえる「4K連写」、いつ起こるかわからないシャッターチャンスをとらえる「4K連写(S/S)」、シャッターチャンスの瞬間に合わせて撮る「4Kプリ連写」の3つのモードを選択できる。撮影後に好きなフォーカスポイントの写真を自由に選べる「フォーカスセレクト」モードを使って、ピントの合った範囲を広げた写真を作る「フォーカス合成」も搭載。合成に適した画像をカメラが自動で選ぶ「自動合成」と、ピントの合った範囲を任意で選ぶ「指定範囲合成」を選択できる。

 

■動画撮影機能
4K30p動画撮影に対応し、最大15分まで撮影可能。AVCHD形式・MP4形式が選択できる。カメラを固定したままスムーズな動きの撮影ができる「4Kライブクロップ」、スローモーション動画を撮影できる「HDハイスピード動画」のほか、インターバル撮影やコマ撮りアニメも楽しめ、本体内に編集機能も搭載している。

 

■その他の機能
約117万ドット相当のファインダー、3.0型 約104万ドットのタッチパネルモニターを搭載。パスワードなしでスマートフォンと接続できるWi-Fi機能や、USB充電にも対応している。

 

■主な仕様
●品番 DC-FZ85 ●有効画素数 1810万画素 ●撮像素子 1/2.3型 高感度MOS センサー ●レンズ [焦点距離]3.58〜215mm(35mm判換算 20〜1200mm相当) [光学ズーム倍率]60倍 [レンズ構成]12群14枚(非球面9面6枚) ●ISO感度 ISO 80~6400(拡張) ●シャッター速度 メカシャッター 4〜1/2000秒、電子シャッター 1〜1/16000秒、動画 1/2〜1/16000秒 ●ファインダー 0.2型 約117万ドット ライブビューファインダー ●画像モニター 3.0型 約104万ドット モニター(静電容量方式タッチパネル) ●記録媒体 SD/SDHC/SDXCメモリーカード(UHS-I スピードクラス3対応) ●サイズ(幅×高さ×奥行き) 約   130.2×94.3×119.2mm(突起部を除く) ●質量 約572g(本体のみ)/約616g(バッテリー、メモリーカードを含む) ●付属品 バッテリーパック、ACアダプター(USBタイプ)、USB接続ケーブル、ショルダーストラップ、レンズキャップ、レンズキャップひも ほか ●付属ソフト PHOTOfunSTUDIO 9.9 PE、SILKYPIX Developer Studio SE、LoiLoScope 体験版(いずれもダウンロード版)

20170129_y-koba_capa2

20170129_y-koba_capa3

情報提供:GetNavi web


おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 行方不明 拉致と思われた女性国内で発見 1980年失踪 /新潟
  2. 40年間以上無免許運転の男逮捕 「面倒くさくてお金もないので」と更新せず
  3. 皇統は断絶の危機 愛子さまを皇太子に
  4. 集団左遷!! 第5話視聴率は9.0% “追い風”にのった福山雅治に酒向芳“宿利”が立ちはだかる
  5. ORICON NEWS Hey! Say! JUMP、全国ツアー開催を見送り 一部ファンの迷惑行為の影響

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです