メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

マラソン

重友梨佐がV 5年ぶり2回目 大阪国際女子

1位でフィニッシュする重友梨佐=大阪・ヤンマースタジアム長居で2017年1月29日、森園道子撮影

 陸上の世界選手権(8月、ロンドン)の代表選考会を兼ねた大阪国際女子マラソンが29日、大阪市のヤンマースタジアム長居を発着点とする42.195キロのコースであり、2012年ロンドン五輪代表の重友梨佐(天満屋)が2時間24分22秒で5年ぶり2回目の優勝を果たした。日本陸上競技連盟の派遣設定記録の2時間22分30秒には及ばなかったが、代表入りが有力となった。堀江美里(ノーリツ)が2時間25分44秒で2年連続の2位、田中華絵(第一生命グループ)が2時間26分19秒で3位だった。昨夏のリオデジャネイロ五輪代表の伊藤舞(大塚製薬)は11位に終わった。

 レースはペースの上げ下げが激しく起きる中、中間地点まで堀江ら3人が先頭集団を形成。重友は13キロ過…

この記事は有料記事です。

残り672文字(全文995文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  2. 高校野球 出場32校決定、初出場は5校 3月19日開幕 第92回選抜高校野球

  3. 「タイプだった」患者に強制性交容疑 55歳婦人科医院院長を逮捕 警視庁

  4. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

  5. 消えたパクチー農家について首相「お答え差し控える」 施政方針演説で紹介

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです