米国

入国制限を開始 拘束や搭乗拒否、大統領令署名で

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
米大統領令による入国制限の対象国と内容
米大統領令による入国制限の対象国と内容

 【ワシントン西田進一郎】トランプ米大統領は27日、シリア難民については無期限で、他国からの難民も120日間にわたり受け入れ停止を命じる大統領令に署名した。中東や北アフリカの7カ国の国民については、米国への入国を90日間停止する措置を講じており、入管当局が該当者の拘束などの措置を取り始めた模様だ。野党民主党や国際機関は再考を促しているが、トランプ政権は強権的な姿勢を崩していない。

 米紙ニューヨーク・タイムズによると、ニューヨークのケネディ国際空港で27日夜、空路で到着したイラク人の男性2人が拘束された。弁護士らによると、一人はイラク国内で10年にわたり米政府に関係する仕事をしてきたほか、もう一人は既に米国内で働いている妻や子供と合流する予定だったという。

この記事は有料記事です。

残り881文字(全文1212文字)

あわせて読みたい

ニュース特集