メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

入国制限を開始 拘束や搭乗拒否、大統領令署名で

米大統領令による入国制限の対象国と内容

 【ワシントン西田進一郎】トランプ米大統領は27日、シリア難民については無期限で、他国からの難民も120日間にわたり受け入れ停止を命じる大統領令に署名した。中東や北アフリカの7カ国の国民については、米国への入国を90日間停止する措置を講じており、入管当局が該当者の拘束などの措置を取り始めた模様だ。野党民主党や国際機関は再考を促しているが、トランプ政権は強権的な姿勢を崩していない。

 米紙ニューヨーク・タイムズによると、ニューヨークのケネディ国際空港で27日夜、空路で到着したイラク人の男性2人が拘束された。弁護士らによると、一人はイラク国内で10年にわたり米政府に関係する仕事をしてきたほか、もう一人は既に米国内で働いている妻や子供と合流する予定だったという。

この記事は有料記事です。

残り881文字(全文1212文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 実の娘に性的暴行 差し戻し審も父に実刑判決 福島地裁

  2. 「1日で49人の相手を…」 過酷な労働、波乱の人生赤裸々に 「からゆきさん」肉声テープ発見

  3. 「東京オリンピック、中止の可能性」NYタイムズ報道 コロナ感染拡大で

  4. 全米ライフル協会が破産申請 批判多いNY脱出、テキサス州で再編成へ

  5. 「わー、よかった」明るい娘に“嫌な予感” 「キッズライン」性被害 母が証言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです