メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲

玉飛鳥の断髪式、稀勢の里はさみ 過去1度対戦

元玉飛鳥の荒磯親方(手前)の大銀杏(いちょう)にはさみを入れる稀勢の里=東京・両国国技館で2017年1月28日午後2時16分、村社拓信撮影

 昨年9月の大相撲秋場所後に現役引退した元前頭・玉飛鳥の荒磯親方の断髪式が28日、東京・両国国技館で行われ、新横綱・稀勢の里ら約400人がはさみを入れた。荒磯親方は「大した成績は残せていないけど、応援してくださった人がいてくれた。自分の相撲人生は幸せだった」と振り返った。

 同じ二所ノ関一門の稀勢の里は「一緒に稽…

この記事は有料記事です。

残り134文字(全文290文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「俺コロナだけど」 ドラッグストア店の業務妨害容疑で54歳男逮捕 埼玉

  2. コープこうべ、開店後30分間を高齢者ら専用に 「知らなかった」引き返す一般客も

  3. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  4. 「海女の支援に」 アワビ稚貝と真珠のピンバッジが人気

  5. 新型コロナ 名古屋、往来ひっそり 愛知、緊急事態宣言対象外

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです