メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外東京都、飲食店などに時短要請へ 25日午後5時からの記者会見で公表
ワールド・トレジャー

特派員が選ぶ私の世界遺産 チクバン鉄橋(インドネシア・西ジャワ州) 大動脈かつ生活道路

チクバン鉄橋を駆け抜ける列車

 インドネシア西ジャワ州にあるチクバン鉄橋は高さ80メートル、全長300メートルのインドネシア最長の鉄道橋だ。鉄骨の橋脚が伸びる美しいシルエットが特徴で、日本の鉄道愛好家の間では兵庫県にあった橋にちなんで「インドネシアの余部(あまるべ)鉄橋」とも呼ばれる。建設から100年以上たった今も往来が絶えない。

 フワーン、フワーン。山の間を縫うように走る線路の向こうから、10両編成の特急列車が警笛を鳴らしながらやってくる。橋桁には柵がないため、正面から見るとまるで列車が空中を走っているようだ。

この記事は有料記事です。

残り1240文字(全文1484文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道の町役場でクラスター 来庁者立ち入り禁止、半数欠勤 正常化へ2週間

  2. トヨタ東富士工場閉鎖 OBから惜しむ声「あんなにいい場所なのに…」

  3. 「ホテルの明細書あれば1000万%アウト」 桜前夜祭の野党ヒアリング詳報

  4. 桜を見る会「前夜祭」そもそも何が問題だったのか? 捜査の行方は?

  5. 高級車 ジャガー、ベンツ、レクサス「売らない店」の理由

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです