メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 アメリカ映画「地上最大のショウ」(The Greatest Show on Earth)をご存じだろうか? ハリウッド全盛の1952年「真昼の決闘」「静かなる男」と共に大ヒット。この年、全米で年間興行成績第1位を記録した名作である。

 映画の舞台は旅から旅へのサーカス一座。新しく、空中ブランコの名手が加わった。今まで人気者だったホリーはスターの座を譲りたくない。必死に稽古(けいこ)に励む美しいヒロイン。心配そうに見つめる謎の道化師バトンズ。そして、若いサーカス経営者。複雑な人間関係の中で「微妙な立場」に追い込まれるホリー。ラブストーリーである。

 一昔前のサーカスの雰囲気を忠実に残した作品は「恋のさや当て」と迫真のアクロバット演技が話題で、アカデミー作品賞などを受賞した。

この記事は有料記事です。

残り582文字(全文921文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 金沢市内の男子中学生陽性 感染者の家族 症状なし、学校は休校に 新型肺炎

  2. 名古屋高速の事務員が感染判明、料金所5カ所閉鎖 新型肺炎

  3. 新たに25人感染 ほとんど経路不明 クルーズ船下船者が陽性 新型肺炎

  4. 新型コロナ「花見川区の中学校教諭り患」「安易に校名広げない配慮を」 千葉市長がツイート

  5. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです