メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

集う@あいち

NPO「保見ケ丘国際交流センター」 日本での暮らしサポート 住民の半数外国籍の巨大団地で /愛知

保見団地で開催された交流イベント「ほみカフェ」=豊田市内で

 豊田市役所から北へ約7キロの丘陵地に、日系ブラジル人など多くの外国人が暮らす「保見団地」がある。中心にあるブラジル食材などを扱うスーパーの近くで昨年12月上旬、フリーマーケットや焼きそばなどの出店が並ぶ交流イベント「ほみカフェ」が開かれた。同年3月に引っ越してきたばかりの子連れのブラジル人一家も訪れ、NPO法人「保見ケ丘国際交流センター」の楓原(かえではら)和子理事長が優しく語りかけていた。

 同センターの活動はこうした催しのほか、毎週日曜に開く外国人を対象にした日本語教室がある。巨大団地に…

この記事は有料記事です。

残り703文字(全文951文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  2. どうする国民年金 (1)基礎年金生活者・単身女性に訪れる甘くない将来

  3. 「小泉政権の政府見解と矛盾」との指摘にどう答えたか 誕生日だった菅氏一問一答

  4. 東名あおり運転控訴審 1審判決を破棄、地裁に差し戻し 「危険運転」は否定せず

  5. 東名あおり事故初公判 死亡夫婦の次女の供述「パパとママが死んでしまいました」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです