メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

盤上の風景

/8 将棋 糸谷哲郎八段 違うモデルの棋士に /大阪

「早くまたタイトルを取りたい」と意欲満々の糸谷哲郎八段=大阪市福島区の関西将棋会館で、新土居仁昌撮影

糸谷哲郎八段(28)=箕面市在住

 将棋を覚えた5歳の頃、同時に読書熱も芽生えた。生まれて最初に読んだのは、映画「ネバーエンディング・ストーリー」の原作「はてしない物語」や「モモ」で人気のドイツ人作家、ミヒャエル・エンデ。すでに漢字は読めたそうだ。そこから歴史小説や推理小説に進み、陳舜臣、宮城谷昌光、司馬遼太郎、島田荘司、アガサ・クリスティー、エラリー・クイーンなどを読みあさった。

 将棋と読書の二刀流。小学4年で奨励会に入りプロ棋士を目指しながら、中学・高校は広島県内随一の私立進…

この記事は有料記事です。

残り1312文字(全文1553文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山口真帆 卒業発表の場で爆弾発言! AKS社長から“パワハラ”「居場所はなくなった」(スポニチ)
  2. 指原 NGT運営バッサリ 山口真帆の気持ち「考えるべき」(スポニチ)
  3. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
  4. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  5. 維新が兵庫で勢力拡大 大阪の勢い取り込み 県内市議選、18人中17人当選

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです