メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

盤上の風景

/8 将棋 糸谷哲郎八段 違うモデルの棋士に /大阪

「早くまたタイトルを取りたい」と意欲満々の糸谷哲郎八段=大阪市福島区の関西将棋会館で、新土居仁昌撮影

糸谷哲郎八段(28)=箕面市在住

 将棋を覚えた5歳の頃、同時に読書熱も芽生えた。生まれて最初に読んだのは、映画「ネバーエンディング・ストーリー」の原作「はてしない物語」や「モモ」で人気のドイツ人作家、ミヒャエル・エンデ。すでに漢字は読めたそうだ。そこから歴史小説や推理小説に進み、陳舜臣、宮城谷昌光、司馬遼太郎、島田荘司、アガサ・クリスティー、エラリー・クイーンなどを読みあさった。

 将棋と読書の二刀流。小学4年で奨励会に入りプロ棋士を目指しながら、中学・高校は広島県内随一の私立進…

この記事は有料記事です。

残り1312文字(全文1553文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否
  2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  3. 決算予想 ライザップ赤字に グループ企業業績改善遅れで
  4. セクハラ防止ポスター 困り顔の男性をアップ 批判相次ぐ
  5. NHK紅白 サチモスなど7組初出場 TOKIO選ばれず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです