メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

余録

ある高齢の女性には40代のころから…

[PR]

 ある高齢の女性には40代のころから「これでなければいや」という口紅がある。2、3年に1度、デパートで何本かまとめて買うことにしていた。売り場に行き、自分の年齢が頭をよぎったのだろう。今使っているものはまだ半分と少しある。使い切るまで待とうか。「あ、ごめんなさい」と言って逃げ出した▲この話を聞かせた人は「どうしてそうケチなんですかあ」とため息をつく。「うーん、やっぱりこういうのをケチというのかなあ。私としては死生観といってほしいのだが」。高齢女性は作家の佐藤愛子さん、93歳。老いをユーモラスにつづるエッセーにある▲佐藤さんは昨年出版された「九十歳。何がめでたい」をはじめ、書店にコーナーができるほど著書がよく売れている。老いとどう向き合えばいいのか考える人が多いのだろう▲日本老年学会などが医療や介護で「65歳以上」とされている高齢者の定義を「75歳以上」に見直すべきだと提言し、波紋を広げている。高齢者の心身が随分と若返っているのが理由という▲元気な高齢者が増えることは喜ばしい。だが、誰もが若く、また生涯現役を望んでいるわけではない。労働力不足や社会保障費の増大への対策として国に「あなたはまだ若いから」と言われても困りはしないか▲佐藤さんのエッセーにはこんなくだりがある。「若さと元気ばかり追い求めていると、ある日、突然しっぺ返しを食うことになるかもしれない。その時に慌てないですむように、日ごろから自分の衰えを見守っておきたい」。「高齢者」になって久しい作家は「そういう心境で生きていくのが私の理想」と書く。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

    2. 参院補選2019 N国・立花党首「埼玉補選に落ちたら海老名市長選に立候補」と表明

    3. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

    4. 天皇陛下即位を祝う献上品に文化庁長官制作の「シュプリンゲン」

    5. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです