メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

風知草

あれ? バブル!?=山田孝男

 「バブル/日本迷走の原点」(新潮社、昨年11月新刊)は、安倍晋三首相の断定に異を唱えて始まる。株価上昇は「アベノミクスの成果」だと言い切った首相の「大見え」に。

 首相再登板から1年、日経平均が就任時の1・5倍近い1万5000円台に乗せた2013年12月。経済専門家の懇親会に招かれた首相は手放しで株価対策の手応えを誇った。

 それを「危ないな」と受け止めたのが本の著者、永野健二・日本経済新聞社顧問(67)である。

この記事は有料記事です。

残り1154文字(全文1361文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  2. 上戸彩 娘とTikTokにハマり中 動画撮影にも挑戦
  3. フィギュアGP 羽生SP首位、世界最高得点で ロシア杯
  4. KDDI 3Gサービス 22年3月末終了 携帯大手で初
  5. ORICON NEWS [ななにー]剛力彩芽、念願の「TikTok」初挑戦 稲垣・草なぎ・香取と全力変顔

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです