メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

風知草

あれ? バブル!?=山田孝男

 「バブル/日本迷走の原点」(新潮社、昨年11月新刊)は、安倍晋三首相の断定に異を唱えて始まる。株価上昇は「アベノミクスの成果」だと言い切った首相の「大見え」に。

 首相再登板から1年、日経平均が就任時の1・5倍近い1万5000円台に乗せた2013年12月。経済専門家の懇親会に招かれた首相は手放しで株価対策の手応えを誇った。

 それを「危ないな」と受け止めたのが本の著者、永野健二・日本経済新聞社顧問(67)である。

この記事は有料記事です。

残り1154文字(全文1361文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. WEB CARTOP 男子が乗るとドン引かれる!  あまりに見た目がカワイすぎるクルマ5選
  2. トランプ米大統領 「安倍首相がノーベル平和賞に推薦」「最も美しい手紙」
  3. コトバ解説 「フクロウ」と「ミミズク」の違い
  4. ORICON NEWS 元AKB48・高城亜樹&J1サガン鳥栖・DF高橋祐治が結婚発表「明るく穏やかな家庭を」
  5. 堺市長「赤字」パーティーも 自身も疑問視の政治資金問題 収拾つかず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです