メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

風知草

あれ? バブル!?=山田孝男

 「バブル/日本迷走の原点」(新潮社、昨年11月新刊)は、安倍晋三首相の断定に異を唱えて始まる。株価上昇は「アベノミクスの成果」だと言い切った首相の「大見え」に。

 首相再登板から1年、日経平均が就任時の1・5倍近い1万5000円台に乗せた2013年12月。経済専門家の懇親会に招かれた首相は手放しで株価対策の手応えを誇った。

 それを「危ないな」と受け止めたのが本の著者、永野健二・日本経済新聞社顧問(67)である。

この記事は有料記事です。

残り1154文字(全文1361文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較
  2. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  3. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  4. 大相撲秋場所 稀勢の里、逸ノ城に完敗
  5. 仙台・警官刺殺 刃渡りは20cm 「現金拾った」と訪問

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです