メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読者の声

敵国語・英語の思い出

 作家の保阪正康さんの連載「昭和史のかたち」(第2土曜日朝刊掲載)は14日、占領軍が教育改革で漢字や仮名をやめて、ローマ字にしようとしたことを取り上げました。

 東京都の84歳女性からの電話です。記事を読み終戦前後の英語教育に抱いた疑問を話したくなったそうです。

 宮城県に疎開中の1945年春に入学した私立の女学校と空襲後に転校した県立女…

この記事は有料記事です。

残り252文字(全文420文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タイキシャトルのたてがみ切られる「見学のお客さん信頼していたのに残念」

  2. 男子27位、ぼうぜん井上大仁 アジア大会「金」、暑さに強いはずがまさかの最下位 MGC

  3. 伏兵中村の歓喜 内に秘めた「主役交代」の誓い MGC

  4. 女子1位の前田穂南、20キロ過ぎから独走し、ニューヒロインが誕生

  5. 世界経済・見て歩き 中国・華西村 「金持ち村」の今 錬金術あだ、火の車 需要無視し過剰投資

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです