メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

悼む

アナウンサー・小川宏さん=昨年11月29日死去・90歳

=2002年6月、大橋公一撮影

人間味あふれた名司会 小川宏(おがわ・ひろし)さん=多臓器不全のため、昨年11月29日死去・90歳

 柔和な目。情の厚さがにじむ語り口。「地名の読み間違えは致命傷」。お酒が入ると得意のだじゃれが飛び出す。実際に会った名アナウンサーは人間味にあふれていた。

 東京・銀座のバー「ギルビーA」の常連だった。先輩記者の勧めでオーナーの名物マダム、有馬秀子さんを取材した縁で私もギルビーに顔を出し、小川さんや飲み友だちの輪に入れてもらった。

 「うつで苦しんだ時期がありましてね」。当時、70代半ばの小川さんは自身の体験を率直に語った。原因不…

この記事は有料記事です。

残り488文字(全文752文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「カスハラ」労災10年で78人、24人が自殺 悪質クレーム対策急務

  2. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  3. 和歌山・御坊祭 暴力団トップ寄贈の旗掲げる「分かっていたが…」「注意するのも…」

  4. 映画「宮本から君へ」への助成金取り消し 公益性理由、要綱改正も

  5. 「前代未聞」元看護助手「自白維持」の上申書書かされる 滋賀・病院患者死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです