メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・子育て・親子

3歳児、弱視発見は眼科で

治療用眼鏡で視力を測る子供=東京都中央区の日本橋はま眼科クリニックで

 3歳児健診の視力検査で「異常なし」と言われた子が、小学校入学前後の健診で弱視が見つかるケースが相次いでいる。子供の視力は6歳までにほぼ完成するため、早期に治療を開始できれば、視力向上の可能性が高い。

 ●入学後では遅い

 「今まで何をしていたんですか、3歳児健診で分からなかったんですか」。神奈川県綾瀬市在住の高田佳昭さんの次女、莉衣那(りいな)さん(7)は、小学1年の学校健診で視力不良を指摘された。地元の眼科を受診したところ、眼科医は強い口調で母親に迫った。

 佳昭さんは「まさか、うちの子がと思いました。遠くにいる僕たちを見つけたりしていたので……。かなり落ち込みました」と振り返る。

この記事は有料記事です。

残り1554文字(全文1847文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 最も評価する政治家は大阪・吉村知事 2位東京・小池氏 発信好感 毎日新聞世論調査

  2. 都知事選に出るワケ 熊本知事から「タイムリミット」示された副知事の決断

  3. 法務省「黒川氏の退職、捜査に支障ない」 定年で「重大な障害」だったのでは?

  4. コロナ鎮めて! 群馬・「妖怪」だるま

  5. 「民度が違う」発言で麻生氏がさらした決定的な事実誤認とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです