メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

治療用眼鏡で視力を測る子供=東京都中央区の日本橋はま眼科クリニックで

 3歳児健診の視力検査で「異常なし」と言われた子が、小学校入学前後の健診で弱視が見つかるケースが相次いでいる。子供の視力は6歳までにほぼ完成するため、早期に治療を開始できれば、視力向上の可能性が高い。

 ●入学後では遅い

 「今まで何をしていたんですか、3歳児健診で分からなかったんですか」。神奈川県綾瀬市在住の高田佳昭さんの次女、莉衣那(りいな)さん(7)は、小学1年の学校健診で視力不良を指摘された。地元の眼科を受診したところ、眼科医は強い口調で母親に迫った。

 佳昭さんは「まさか、うちの子がと思いました。遠くにいる僕たちを見つけたりしていたので……。かなり落…

この記事は有料記事です。

残り1567文字(全文1847文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人の発達障害 4割超「うつ病」発症 毎日新聞調査
  2. ザギトワ「マサルが恋しい」 フィギュア女子セレモニー
  3. 「お茶くみ」でつまずき…… 発達障害「6カ所以上の職場」3割
  4. 特集ワイド 増える「発達障害グレーゾーン」 しんどさ続き、浮く存在に
  5. フーターズ運営が再生法申請 負債約5億円、営業継続

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです