メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ガーナ

ネズミが救う砂漠の栄養…京大教授ら食用飼育研究

飼育されているグラスカッター(村山教授提供)

 京都市にある京都大野生動物研究センターの村山美穂教授(動物遺伝学)らのグループが、西アフリカ・ガーナの北部でネズミの仲間「グラスカッター(アフリカタケネズミ)」の食用飼育を進めている。現地住民は動物性たんぱく質が不足しがちで、村山教授らは家畜として定着させ安定供給することを目指している。

 グラスカッターは体長50センチ、体重6キロほどまで成長する。草食で茂みなどに生息し、農作物を荒らすこともある。あっさりとした豚肉のような味で、住民は捕まえて焼き肉や煮込みなどにして食べている。

 サハラ砂漠に近いガーナ北部は、厳しい暑さと乾燥で牛や豚などの飼育は難しく、住民は野生動物を狩猟して…

この記事は有料記事です。

残り430文字(全文722文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 参院補選2019 N国・立花党首「埼玉補選に落ちたら海老名市長選に立候補」と表明

  3. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

  4. 天皇陛下即位を祝う献上品に文化庁長官制作の「シュプリンゲン」

  5. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです