全豪テニス

けがからの復帰 フェデラー素晴らしい夜に涙

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

男子シングルス決勝、「誰もが努力を重ねて頂点を目指す…」

 試合中はあまり感情を表に出さないフェデラーが両手を突き上げ、感極まって涙した。「5カ月前にはこの場所を想像すらできなかった。素晴らしいカムバックだった」。テニスの4大大会第1戦、全豪オープン最終日の29日、男子シングルス決勝で第17シードのロジャー・フェデラー(スイス)と第9シードのラファエル・ナダル(スペイン)が対戦。フェデラーには4大大会18度目の優勝だが、昨年の左膝の故障を乗り越えてつかんだ歓喜の瞬間は、これまでとひと味もふた味も違い格別だった。

 35歳のフェデラーと30歳のナダル。男子テニス界を長く引っ張った元世界ランキング1位同士の「レジェンド」対決は序盤からヒートアップした。フェデラーが第3セットをあっさり取り流れをつかんだかに見えたが、第4セットはナダルが執念で奪い返した。

この記事は有料記事です。

残り346文字(全文723文字)

あわせて読みたい

ニュース特集