メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

「民衆の武器」か「為政者(トランプ)の大砲」か

世界と日本の主な政治家らのツイッター利用状況

 「一人一人が自らの物語を書く」。そんな創業者の理念で10年あまり前に米国で始まった「ツイッター」の有りようが変わってきた。米大統領の指から発信される「トランプ砲」が世界を揺るがす日々、かつて言われた「市民の民主的ツール」とはどうも違う感じがするのだが……。【藤原章生】

巧みに計算された発言

 「(トランプ大統領の)多くのツイートは自信のなさ、スポーツマンシップの欠如、自画自賛せずにはいられない性格を反映している」「国内政治より復讐(ふくしゅう)に関心があって、外交問題より自分の不満が大切」。米ニューズウィーク誌は1月31日号で、新大統領の言葉と、そこににじむ性格を分析し、痛罵した。ニューヨーク・タイムズ紙も看板コラムで、彼のツイートを添削し「こう書けば多くのアメリカ人に見直されるのに」と言葉の横暴さ、下品さをからかった。

 性格の問題と言ってしまえばそれまでである。1990年からロンドンで経済分析を続け、トランプ氏の勝利…

この記事は有料記事です。

残り2677文字(全文3091文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. バーガーキング大量閉店も「撤退の予定ありません」 新たな20店舗はどこに?
  2. 「高プロ」適用、全国で1人だけ 開始1カ月
  3. 皇統は断絶の危機 愛子さまを皇太子に
  4. 40年間以上無免許運転の男逮捕 「面倒くさくてお金もないので」と更新せず
  5. ORICON NEWS Hey! Say! JUMP、全国ツアー開催を見送り 一部ファンの迷惑行為の影響

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです