メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第71回毎日映コンの顔

/2 松原智恵子/市川実日子/香川照之

松原智恵子さん=徳野仁子撮影

 ◆田中絹代賞 松原智恵子

芸歴55年、旅路続く

 悲しい演技の時は、一番悲しいことを思い出すと涙が出る。「小林旭さんの助言でしたね」と言う。「でも父が亡くなった時のことを思い出し、わんわんと泣き出してしまったのですが」。見いだされた映画で育ち、テレビに羽ばたき、今なお映画に愛情を注ぐ「日活三人娘」の一人は芸歴55年を超えた。「現場で私のように甲高い声だった若い人に『おなかから声を出すように』って助言もしました。だんだん言える年齢になってきましたから」とほほ笑む。

 日活では、渡哲也や舟木一夫とのコンビ主演が多かった。舟木と共演した悲恋3部作の「残雪」。雪の中で心中する話で、「スタッフに背負われて、深い山奥に分け入って行きました。凍えるを通り越していました。若いから乗り越えられたのでしょう」と話す。数年前に転倒して以来、健康に気を使い、筋力を鍛えるなどしているのは「私たちの仕事は体が丈夫でなければ続けられない」から。「まだまだ頑張っていこうと勇気をもらえた。…

この記事は有料記事です。

残り1789文字(全文2221文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  2. ORICON NEWS 池上彰“新型コロナ”東京五輪の影響は「楽観しています」

  3. テセウスの船 第6話“衝撃ラスト”に視聴者「ビックリ!」「気持ちの整理が…」(ネタバレあり)

  4. 新型肺炎 医療用マスク、自治体・病院に優先供給 厚労省

  5. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです