メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

現代デザイン考

「絵文字」こと始め/下 「記号」こそ愛される

 1999年にNTTドコモがiモード開始とともに絵文字を始め、国内の他の携帯電話会社は追随した。米国のグーグル社やアップル社も導入に取り組み、2010年には文字や記号の世界標準規格「ユニコード」に採用された。スマートフォンの普及が後押ししたとはいえ、なぜ絵文字は世界まで広がるパワーを持ち得たのだろうか。

 ドコモで最初に176種類の絵文字を開発した栗田穣崇(しげたか)さん(44)=現ドワンゴ執行役員=は「シンプルで抽象的な『記号』を目指しデザインした」と話す。当時の従来型携帯電話(ガラケー)の仕様上、データ量の少なさが一番の理由だが「作り手の個性が反映される『絵』は使い手に好き嫌いが生まれ、広く使ってもらえない」とも考えた。開始時、モノクロだった絵文字がカラー化された際も、1文字1色の単色にした。

この記事は有料記事です。

残り740文字(全文1092文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 爆笑問題の田中裕二さん、くも膜下出血・脳梗塞で救急搬送され入院

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 潮流・深層 バイデン次期米大統領に立ちはだかる「穏やかな人たち」

  4. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  5. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです