メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鳥インフルエンザ

監視重点区域を解除 鏡石の10キロ圏 /福島

 鏡石町大宮の農業用ため池で高病原性鳥インフルエンザ(H5N6型)に感染した野鳥の死骸が見つかった問題で、県は30日、環境省が発見地点の10キロ圏に設定した「野鳥監視重点区域」が29日午前0時で解除されたと発表した。県内の設定区域はゼロになった。

 環境省の鳥インフルエンザ対応マニュアルは、感染した野…

この記事は有料記事です。

残り146文字(全文296文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. ラグビーW杯 日本、4強入りならず 南アに3-26

  3. 水浸し、満員、夜の冷え込み…気詰まり避難所 想定外? 準備不足?

  4. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  5. 「僅差で可決」覆した緊急動議 残留への潮目変わるか 英EU離脱審議

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです