メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

県警

本部新庁舎20年完成目指す 試算より16億円増 /岡山

岡山県警本部新庁舎の完成予想イメージ=県警提供

 県警は、県庁(北区)の南側に建設を予定している本部新庁舎について、10月に着工し、2020年6月に完成を目指す計画を公表した。事業費は、材料費の高騰や岡山後楽園の景観に配慮した設計変更などのため、13年度の試算額より約16億円増の約123億円となる見通し。

 計画によると、新庁舎は地上13階、地下1…

この記事は有料記事です。

残り188文字(全文338文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 香港 高速鉄道、例外的な法律適用 中国の影響懸念
  2. 2019年のGW 10連休が浮き彫りにする労働格差
  3. 障害者雇用水増し 93%は障害者手帳や診断書なし
  4. サウジ記者死亡 したたかトルコ、サウジ「隠蔽」突き崩す
  5. 訃報 清水栄馬さん94歳=タレント清水国明さんの父

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです