メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コウノトリ

繁殖行動、カメラ設置し観察 協議会、鳴門で /徳島

電柱の上の巣からコウノトリが見守る中で高所作業車に乗ってカメラを設置する作業員=徳島県鳴門市で、松山文音撮影

 兵庫県豊岡市周辺から鳴門市に一昨年飛来した国の特別天然記念物、コウノトリの繁殖行動を観察するカメラが30日、つがいの巣から約60メートル離れた場所に、県などでつくる協議会によって設置された。初めて産卵した昨年春は、ボランティアが目視で巣に滞在する時間を計測した。

 費用は、県の負担金や寄付金計100万円…

この記事は有料記事です。

残り192文字(全文344文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  2. 映画「宮本から君へ」への助成金取り消し 公益性理由、要綱改正も

  3. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  4. 「前代未聞」元看護助手「自白維持」の上申書書かされる 滋賀・病院患者死亡

  5. 28年ぶり クロネコとシロネコを一新 ヤマトHD100周年で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです