メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ヤンマー

農機大手、食堂開放 野菜、ハチミツ自前

ヤンマーが土日に開放する社員食堂。女性の後方に養蜂用の巣箱が置かれている=大阪市北区で2017年1月30日、土屋渓撮影

 農機大手のヤンマーは30日、大阪市北区茶屋町の本社にある社員食堂を、週末のランチタイムに一般開放すると発表した。産地などを表示した旬の食材を提供し、持続可能な循環型社会を目指すブランドイメージを広めたい考えだ。

 2月4日から毎週土・日曜の午前11時~午後3時、12階の社員食堂で肉か魚の定食、カレーの3種類のメニューを提供する。社員と同じメニュー…

この記事は有料記事です。

残り262文字(全文436文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 吉沢悠が新型コロナ感染で入院 「咳、背中の痛み…」PCR再検査で「陽性」確認

  2. 「うがい薬発言で現場混乱」 大阪府歯科保険医協会が吉村知事に抗議

  3. 中村文則の書斎のつぶやき コロナから逃げる政権

  4. 朝鮮人追悼式 小池都知事、今年も追悼文を出さない意向

  5. “お蔵入り”大阪市長の肝煎り学校のフェースシールド 医療界が止めた理由

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです