チョコレート

内藤とうがらし入り開発

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
「内藤とうがらしが入ったチョコレート」を手にする成田さん=東京都千代田区で2017年1月26日、篠崎真理子撮影
「内藤とうがらしが入ったチョコレート」を手にする成田さん=東京都千代田区で2017年1月26日、篠崎真理子撮影

 江戸時代に東京・新宿が産地だった「内藤とうがらし」の復活に取り組むNPO法人が、新宿区と友好提携している長野県伊那市の洋菓子店とともに内藤とうがらし入りチョコレートを開発した。

 信州高遠藩(現伊那市)内藤家の下屋敷(現新宿御苑)で栽培され、江戸で流行したが、明治期に途絶えた。NPOのリーダーが保存…

この記事は有料記事です。

残り123文字(全文273文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集