メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

パートナーシップ制度

札幌市検討 宣誓、同性と限定せず 全国初、4月運用目指す /北海道

 札幌市は要綱制定を検討している「パートナーシップ制度」について、31日の市議会財政市民委員会で概要を公表した。同性カップルに限らず、互いを「人生のパートナー」と思い合う2人であれば宣誓できる。性別を限定しない制度は全国で初めて。4月からの運用を目指す。

 市男女共同参画課によると、希望するカップルは同課職員の前で「宣誓書」にサインし、市は受領証と宣誓書の写しを交付する仕組みを想定している。法的…

この記事は有料記事です。

残り298文字(全文496文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  2. 最期の別れに親戚も呼べないなんて…新型コロナで葬儀縮小、会食中止 棺不足も

  3. 新型コロナ不況になぜ1人20万の給付金が必要なのか 反緊縮・経済学者の提言を読む

  4. 「鳥取・島根に観光」記事 おわびして削除します

  5. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです