パートナーシップ制度

札幌市検討 宣誓、同性と限定せず 全国初、4月運用目指す /北海道

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 札幌市は要綱制定を検討している「パートナーシップ制度」について、31日の市議会財政市民委員会で概要を公表した。同性カップルに限らず、互いを「人生のパートナー」と思い合う2人であれば宣誓できる。性別を限定しない制度は全国で初めて。4月からの運用を目指す。

 市男女共同参画課によると、希望するカップルは同課職員の前で「宣誓書」にサインし、市は受領証と宣誓書の写しを交付する仕組みを想定している。法的…

この記事は有料記事です。

残り298文字(全文496文字)

あわせて読みたい

注目の特集