メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

震災6年・17年とうほく

隠岐の先進事例に学ぶ 高校を核に地域活性化 大槌で教育再生勉強会 /岩手

入学希望者、進学率、人口も増えた

 地方創生に向けた大槌町の今後の教育を考える「魅力あるおおつち型教育のための先進地勉強会」が31日、町中央公民館であった。島根県海士町で高校を核にして地域の活性化を図るコーディネーター、豊田庄吾さんの講演と、県立大槌高校の復興研究会による取り組みの発表があり、町民や保護者が古里の担い手を育てる高校教育の可能性を考えた。

 海士町は、隠岐諸島の中の一つ、中ノ島にある。島全体が町で面積は33・46平方キロ、周囲89・1キロ…

この記事は有料記事です。

残り621文字(全文847文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  2. どうする国民年金 (1)基礎年金生活者・単身女性に訪れる甘くない将来

  3. 「小泉政権の政府見解と矛盾」との指摘にどう答えたか 誕生日だった菅氏一問一答

  4. 稲田朋美議員の秘書、政治資金で駐車違反の交通反則金

  5. 東名あおり運転控訴審 1審判決を破棄、地裁に差し戻し 「危険運転」は否定せず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです