メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
ドキュメンタリー映画

昔・引きこもり、今・芸大生監督 田中健太さん初作品 駄菓子店主と子どもの交流撮影 /大阪

「ぼくと駄菓子のいえ」のワンシーン

4日公開

 居場所を求める子どもたちが集う駄菓子屋を舞台にしたドキュメンタリー映画「ぼくと駄菓子のいえ」が4日から、大阪市西区の「シネ・ヌーヴォ」で公開される。富田林市に住む大阪芸術大4年、田中健太さん(23)の初めての監督作品。店主と子どもの交流を、3年かけて撮影した。中学時代に不登校だった田中さんは「子どもたちの姿が過去の自分と重なった。人との関わりのなかにこそ生きる意味があると伝えたい」と話す。3月3日まで。【大沢瑞季】

 田中さんは大学1年の夏、大学から「魅力的なおばちゃん」をレポートするという課題を受けて、富田林市の…

この記事は有料記事です。

残り621文字(全文885文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「痴漢防止ハンコ」販売 抑止狙い、シヤチハタが開発

  2. ヒグマ駆除に道外中心批判200件 札幌市対応に苦慮

  3. 「異議あり」が届く国会に

  4. 立花N国党首「3年後、参院議員やめ参院選出馬」 埼玉知事選敗北で

  5. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです