メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者有情

ごちそうさま /福岡

 熊本の県民料理、太平燕(タイピーエン)をご存じだろうか。近年は熊本グルメとして随分名が売れてきた。

 発祥は1930年代に開店した熊本市内の中華料理店3軒。その一つ、中華園の2代目だった趙健次さんが先月亡くなった。75歳。中国福建省出身の父慶餘さんらが考案した「日中の味」を県民料理に育て上げた。

 学校給食などに惜しみなくレシピを提供し…

この記事は有料記事です。

残り150文字(全文318文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 摂津市、事務ミスで1500万円過大還付 60代男性「使ってしまい、返還困難」

  2. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  3. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  4. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  5. 終活ナビ 年金受給75歳まで繰り下げがいい?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです