メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

時代に即した価値を育む=リコー経済社会研究所常任参与・稲葉延雄

 世界経済の不確実性はますます高まっている。

 英国の欧州連合(EU)離脱の具体的な過程はなおはっきりしない。加えて、今後の大陸主要国の選挙結果次第では、そうした分裂の動きが飛び火する可能性すらある。

 一方、米国のトランプ大統領誕生は、それ自体が大きなサプライズだった。さらにその後の主要閣僚の選び方、内政・外交、貿易等に関する政策変更のメッセージなどを見ても、これからの政策運営はひどく不透明である。

 このようにさまざまな不確実性に直面して、企業経営者や投資家が避けるべきことは、思い込みに基づく意思…

この記事は有料記事です。

残り447文字(全文697文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 秋元司衆院議員の関係会社を捜索 元政策秘書が設立 不透明な資金移動か 東京地検

  2. 40代半ば ソウル下宿日記 韓国人客の消えた対馬に釜山から行ってみた

  3. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  4. 菅官房長官、桜を見る会「説明足りないとも思う」「国民から理解されていない」

  5. 「納得されていない方がたくさん」「疑惑というのは、よく分かりません」 菅長官会見詳報

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです