メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ヒバクシャ

2017冬/2 変わる米「危うい」 長崎原爆被災者協議会長・谷口稜曄さん(88)

谷口稜曄さん

 2016年の暮れも押し迫った12月26日夕、長崎原爆被災者協議会長の谷口稜曄(すみてる)さん(88)は長崎市中心部の商店街に立った。他の被爆者団体代表らと呼びかけたのは、核兵器禁止条約の締結を求め国連に提出する「ヒバクシャ国際署名」。約1時間で約400人が署名に応じてくれた。「核兵器廃絶に少しでも望みをつなげたい」。変わらぬ思いを口にした。

 「体が動く限り、核兵器をなくす活動を続けたい」。根底にあるのは危機感だ。街頭に立つ1カ月前の11月27日、長崎原爆遺族会長の正林克記(まさばやしかつき)さんが77歳で亡くなった。8月9日に長崎を訪れる首相らに、被爆者援護施策の充実を要望するなど、ともに行動した仲間だった。谷口さんは「運動が続けられるよう、他の団体とも支え合いたい」と話す。

この記事は有料記事です。

残り617文字(全文960文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船「乗船」の神戸大教授が対応批判 菅氏は「感染拡大防止を徹底」と反論

  2. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  3. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  4. 消える遊郭の町家風情 奈良・大和郡山 老朽化進み3月以降4棟取り壊し

  5. 乗客らバスでターミナル駅へ 陰性の高齢者ら500人、クルーズ船下船 新型肺炎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです