連載

Stand・by・you!そばにいるよ

相模原市の障害者施設で元職員が入所者ら46人を殺傷する事件が起き、障害者は不幸だと決めつけるような容疑者の供述が社会に衝撃を与えました。それでも福祉や介護、医療などの現場では、共生を願い、誇りとやりがいを持って当事者のそばに寄り添う人たちがいます。「Stand by you! そばにいるよ」では、これからを担う世代の奮闘を紹介していきます。

連載一覧

Stand・by・you!そばにいるよ

障害者の作業、自由尊重 社会福祉士・斉藤剛さん(37)

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

斉藤剛(つよし)さん

 コーヒーの香りが立ち込める部屋。エプロン姿で忙しそうに手を動かしているのは、そううつ病(双極性障害)や社会不安障害などの精神疾患を抱える人たちだ。少量の豆を手作業でじっくり焙煎(ばいせん)するのが売りで各地のカフェや国会の議員会館の店舗に卸している。

 5年前、精神障害を持つ人たちの就労を支援する作業所「レジネス」を川崎市内に作った。毎日のミーティングを大切にし、注文の確認の後、体調に合…

この記事は有料記事です。

残り309文字(全文514文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集