メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲

稀勢の里、昇進から1週間 重い綱、身引き締まる 大師匠のまわし「光栄」

インタビューに応じる新横綱の稀勢の里=松田嘉徳撮影

 大相撲初場所で初優勝を果たし、横綱に昇進した稀勢の里(30)が31日、東京都内で優勝写真額の撮影に臨んだ。稀勢の里は毎日新聞のインタビューに応じ、場所後の慌ただしい1週間を振り返りつつ、今後に向けて、横綱としての責任感を口にした。【村社拓信】

 --初めて優勝し、5月の夏場所初日に優勝額が掲げられる。

 ◆両国国技館では、いつも見ている。飾られるのは夢のようですね。優勝額は初めて国技館に来て、最初に目に入った。いつか自分のものを飾られたいという気持ちで頑張ってきました。

この記事は有料記事です。

残り629文字(全文865文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新たに感染30人確認、国内計1万7336人 11人亡くなり死者は876人

  2. 摂津市、事務ミスで1500万円過大還付 60代男性「使ってしまい、返還困難」

  3. SNS嫌がらせ投稿「利用停止を」事業者団体が緊急声明 木村花さん死去受け

  4. 兵庫、来月1日休業解除方針 新生活習慣「ひょうごスタイル」も公表

  5. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです