メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

警察庁

GPS捜査、秘密裏指示 警察庁、06年に通達 書類も記載不可

 捜査対象者の車などにGPS(全地球測位システム)発信器を付けて居場所を把握する捜査について、警察庁が2006年6月に全国の警察に通達した運用要領で、実施状況を容疑者側に伝えず、捜査書類にも記載しないなどと明記し、秘密保持の徹底を求めていたことが分かった。捜査書類への記載がなければ裁判所や弁護人によるチェックを妨げることになり、恣意(しい)的な捜査につながることが懸念される。

 GPSを使った捜査について、警察庁は裁判所の令状の必要がない任意捜査と位置付けてきた。06年の通達…

この記事は有料記事です。

残り696文字(全文935文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. HIV感染告げなかったことを理由に内定取り消し 社会福祉法人に賠償命令 札幌地裁

  2. ORICON NEWS 高橋留美子くくりで『全るーみっくアニメ大投票』受付開始だっちゃ

  3. AV問題 元女優が目指す“抜け道ない”性病クリニック

  4. 特集ワイド 朝鮮語に生きた塚本勲さん、85歳の怒りと執念 隣国理解、まず言葉から 韓国たたきばかりの政治・マスコミ

  5. ミシェル・オバマの生き方に共感広がる 回顧録「マイ・ストーリー」が全世界で1000万部突破

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです