雑記帳

長崎県などで節分に縁起物として食べられる魚…

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
箱詰めされ、出荷を待つカナガシラと長崎魚市場社員=長崎市京泊3の長崎魚市場で、今野悠貴撮影
箱詰めされ、出荷を待つカナガシラと長崎魚市場社員=長崎市京泊3の長崎魚市場で、今野悠貴撮影

 長崎県などで節分に縁起物として食べられる魚、カナガシラが長崎市の魚市場で水揚げされている。通常は1キロ200円ほどだが、この時期は2、3倍の値が付く。

 頭が金属のように硬いことから付いた名前で漢字で「金頭」。県内ではお金がたまるとして節分に煮付けやみそ汁にして食べる。小骨が多いが、うまみの強いだし…

この記事は有料記事です。

残り95文字(全文245文字)

あわせて読みたい

注目の特集