パキスタン

テロ首謀容疑か…当局、サイード師を軟禁

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【ニューデリー金子淳】パキスタン当局は1月30日、イスラム過激派「ラシュカレ・タイバ」の設立者、ハフィズ・サイード師を東部ラホールで自宅軟禁にした。ロイター通信などが報じた。2008年に西部ムンバイで起きた同時テロの首謀者との情報がある。

 ムンバイ同時テロは武装集団がホテルや駅などを同時に襲撃し、…

この記事は有料記事です。

残り119文字(全文269文字)

あわせて読みたい

注目の特集