男性死亡

飲酒トラックから男児かばう 娘失い登校見守り

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
事故があった交差点=島根県益田市久々茂町で、2017年1月31日午後4時42分、関谷徳撮影
事故があった交差点=島根県益田市久々茂町で、2017年1月31日午後4時42分、関谷徳撮影

 島根県益田市久々茂(くくも)町の国道191号で30日朝、集団登校で横断歩道を渡っていた市立豊川小学校の児童の列に軽トラックが突っ込み、ボランティアで通学を見守っていた近くの三原董充(ただみつ)さん(73)が全身を強く打ち、翌日、病院で死亡した。集団登校をしていた児童9人のうち、小学3年の男子児童(9)も軽傷を負った。

 三原さんは33年前、小学2年だった下校中の次女舞子さん(当時7歳)を交通事故で亡くし、子どもたちの事故を防ぐため見守り活動を続けていた。

この記事は有料記事です。

残り1017文字(全文1246文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集