メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲

重い綱、身引き締まる…稀勢の里、昇進から1週間

優勝額のスタジオ撮影前にインタビューに応じる新横綱の稀勢の里=都内のスタジオで2017年1月31日、松田嘉徳撮影

 大相撲初場所で初優勝を果たし、横綱に昇進した稀勢の里(30)が31日、東京都内で優勝写真額の撮影に臨んだ。稀勢の里は毎日新聞のインタビューに応じ、場所後の慌ただしい1週間を振り返りつつ、今後に向けて、横綱としての責任感を口にした。【村社拓信】

 --初めて優勝し、5月の夏場所初日に優勝額が掲げられる。

 ◆両国国技館では、いつも見ている。飾られるのは夢のようですね。優勝額は初めて国技館に来て、最初に目に入った。いつか自分のものを飾られたいという気持ちで頑張ってきました。

この記事は有料記事です。

残り641文字(全文877文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 二階氏、接触8割減「できるわけない」 首相発言で指摘 新型コロナ

  2. 警視庁 留置されている男が感染 新型コロナ

  3. 波紋呼ぶ「軽症者に日本財団9000床提供」 つくば市「寝耳に水」「住民の合意は…」

  4. 「さすがメルケル首相」新型コロナ対応で人気復活 世論調査満足度も64%

  5. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです