メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

らっこ・ライブ・レビュー

上妻宏光 三味線一棹クサビ打ち続け

 三味線奏者、上妻宏光の演奏に魅せられている。昨年秋から、お酒のCFに東京スカパラダイスオーケストラと出演し、テレビドラマ「石川五右衛門」ではテーマ曲の作曲・演奏と、まるで彼にスポットライトが当たっているかのような活躍が続いている。元日に、開館20周年を祝う東京国際フォーラム(収容人員約5000人)でプロデュースと演奏を担当した「日本流伝心祭 クサビ 其ノ五-伝統と革新-」を開催した。ほぼ満員の客席には若い女性の姿も多く、これまでの邦楽ファンとは違う層を彼が開拓してきたことが見て取れた。

 「日本の文化に立脚しながら、世界に通じる音楽の価値観を発信したい。伝統と革新のはざまにクサビを打つつもりで当たっています」と語る、上妻の熱い思いの下生まれたこの公演。これまでも日本のさまざまなアーティストとコラボレーションを行ってきたが、今回目を引いたのが、まずギタリストのMIYAVIとの共演だ。海外でも人気が高いMIYAVIのギターは、タッピングなどの高度なテクニックを駆使しながら、情熱的な演…

この記事は有料記事です。

残り337文字(全文783文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  2. 声優の後藤淳一さんがバイク事故で死亡 「名探偵コナン」など出演

  3. 難病を紹介する動画 人気声優が拡散に一役

  4. トランプ氏「感染者が日本から帰国、聞いてない」 高官に当たり散らす 米紙報道

  5. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです