メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

どうすれば安全安心

お肌の大敵、冬の乾燥 潤い損なう熱い風呂

 寒さが厳しくなると、乾燥による肌のカサつきやかゆみが生じやすい。入浴後や着替えの時などに無意識で体をかいてしまうことがあるのでは。乾燥は肌だけでなく粘膜にも影響し、鼻のトラブルに発展することがある。生活習慣を見直すことで試せるセルフケアについて専門家に聞いた。【鈴木梢】

長時間こたつは要注意/せっけん洗いは隔日に/マスクで鼻の粘膜保護

 冬は室内で長時間にわたり暖房器具を使うことが多いので、加湿器をかけたり、ぬれタオルを干したりして湿度を上げても、肌のかさつきが気になりがちだ。

この記事は有料記事です。

残り2148文字(全文2388文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 「自宅籠城を」 小倉城が緊急事態宣言仕様の「御城印」をネット限定販売

  3. 匿名の刃~SNS暴力考 あおり運転の「ガラケー女」に誤認、今も続く中傷 それでも「裁判通し誰かの役に立ちたい」

  4. バスマットから考えるアスベスト問題 輸入された石綿、いまだに販売 発症は数十年後 誰もが被害者になる恐れ

  5. 救急搬送の辞退も 介護施設内でコロナ患者9人が最期 埼玉・戸田

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです