メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外芥川賞に今村夏子さん「むらさきのスカートの女」
変革

第2部 資生堂/1 ショック乗り越え(その1)

ドラッグストアの店頭で接客に当たる美容部員(左)。全国約1万人の美容部員が資生堂の化粧品販売を支える=内藤絵美撮影

女性管理職30%

 今年4月に創業145周年の節目を迎える資生堂。長い歴史の中で「美しさ」を創造し続けてきた。1月1日には、管理職に占める女性の比率が長年の目標だった30%に到達した。他社に先駆けて女性活躍の取り組みを進めてきた結果だが、ここまでの道は平たんではなかった。

 「どうしよう。どうしよう」。2013年秋、首都圏の化粧品店で働く30代の美容部員は、育児休業中に会社から届いたDVDを見て頭の中が真っ白になった。仕事に復帰後は会社の制度を利用し、平日・早番だけの時間短縮勤務で育児との両立ができると考えていた。しかし、テレビ画面に映った女性役員は、すべての美容部員に遅番や土日勤務に入るよう求めていた。

 会社勤めの夫は妻に専業主婦になることを望んでおり、周囲に子どもの世話を頼める人もいない。それでも仕…

この記事は有料記事です。

残り910文字(全文1264文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岡山の警察学校教官、訓練中にナイフで巡査刺す 「緊張感出すために本物を」
  2. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委
  3. あなたの参院選 後期高齢者に「仕送り」35万円 給与天引きで自覚薄く
  4. 福岡・粕屋の女性殺害、古賀容疑者「騒がれたので首絞めた」
  5. クイズに正解したら「ベロチュー」 40代男性教諭、担任を交代

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです