メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

日本とドイツ=宮本アジア研究所代表・元駐中国大使 宮本雄二

 国際連合憲章に旧敵国条項というものがある。国連を創設した国々の敵国だった国を指す。日本やドイツが、そうだ。旧敵国の「侵略政策の再現に備える」地域的取り決めうんぬんという表現まである。この旧敵国条項を削除すべしというのが日本の立場だ。

 国連は、第二次世界大戦においてドイツや日本と戦った連合国がつくったものだ。連合国の中心は米国と英国であり、この戦争を反ファシズム戦争と呼び、自由と民主主義を守るために全体主義と闘うという大義名分を掲げた。この戦争の経験を総括して、経済の自由主義および政治の自由民主主義という理念にもとづいて戦後の国際秩序を構築した。欧州の統合も、これらの理…

この記事は有料記事です。

残り432文字(全文720文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 勝間和代さんパートナーシップ解消 LGBT活動家の増原裕子さんと

  2. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  3. 安倍政権で費用2倍「桜を見る会」は税金で何をしているのか

  4. 自衛官2人、10分居眠りで停職 弾薬庫の警備中 兵庫・伊丹

  5. 飯塚元院長を12日にも書類送検 運転処罰法違反容疑 池袋母子死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです